毎年1回は「ペットドック」を!

人間と同じように、動物たちも肝臓疾患・腎臓疾患・内分泌疾患・心臓疾患などにかかります。

しかし、動物たちは言葉で自分の病状を伝えることができません。そのため、私たち人間がわかるほどの症状が現れた時には、病気が進行していることがほとんどです。

そんな病気でも、早期に発見して治療を行えば治ることがあります。治ることがなくても進行を遅らせたり、苦痛を減らしてあげることができる場合もあります。

ペットドックでは複数の検査を同時に行うので、多くの病気の早期発見につながります。また、病気の進行具合を判断して、今後の方針を決めることができます。さらには、健康なときのデータを毎年更新することで、今後の病気の発見がより早期にできます。

このような理由から、ぜひ年に1回はペットドックを受診してください。

ペットドックの主な検査内容

問診

現在の体調や病歴、食餌の内容などをお聞きします。

身体検査

視診、触診、聴診などで全身をチェックします。

尿検査

腎臓病、糖尿病、肝臓病、膀胱炎などを調べます。

便検査

寄生虫の有無、腸内細菌や炎症、出血などを調べます。

血液一般検査

貧血、炎症、血小板の異常を調べます。

血液生化学検査

血液中の生化学物質の数値から、肝臓病、腎臓病、糖尿病、内分泌疾患などの病気を見つけます。

レントゲン検査

胸部と腹部を撮影し、肺、心臓、肝臓、腎臓、などの臓器の形や大きさの異常や腫瘍の有無などを調べます。

超音波検査

臓器内部の構造や動き方などを調べます。

その他

基礎疾患がある場合、必要な検査をご提案させていただきます。

ペットドックのコース紹介

Aコース 身体検査・血液検査・尿検査・便検査
Bコース Aコース+レントゲン検査・超音波検査
Cコース Bコース+心電図検査・甲状腺ホルモン検査

※各コースの料金についてはお電話にてお問い合わせください。

オプション

  • イヌ・ネコ歯石取り
  • 犬フィラリア検査
  • 心電図検査
  • 甲状腺ホルモン検査
  • 副腎皮質ホルモン検査
  • 猫ウィルス検査(猫エイズ・白血病)

※オプションの料金についてはお電話にてお問い合わせください。
※上記コース・オプションの他、必要に応じて追加検査や治療を提案いたします。
※10歳までは年に1度、10歳以上は年に2度の検査をおすすめします。

ペットドック受診時の注意事項とお願い

  • ペットドックは予約制になります。
  • 受診当日は午前0時から絶食でお願いします。
  • 受診時に尿と便をお持ち下さい。また事前に採尿スティックを取りに来てください。
PAGE TOP