再生医療

紫原動物病院では、免疫療法および脂肪幹細胞療法を受けられます。

治療法がないと諦める前に、当院までご相談ください。

免疫療法

生き物には、もともと「免疫」とよばれる働きが備わっています。免疫は体内に侵入してきた細菌やウイルスを攻撃するだけでなく、体内で発生した異常な細胞も攻撃して退治します。毎日数千個発生しているといわれる「がん細胞」も免疫が働いてくれることで、攻撃・退治されています。しかし、免疫のバランスが崩れてしまうとがん細胞を攻撃する力が弱くなり、「がん」呼ばれる状態になってしまします。

免疫療法の特徴

1. 生活の質(QOL:Quality of Life)の維持・向上

がんになると痛みやだるさなどつらい症状がみられます。こうした苦しい状況を和らげて「その子らしい生活」を送ることができるようになります。

2. 副作用がほとんどない

免疫療法では患者の血液を採取し、免疫細胞であるリンパ球を増やして投与するので、拒絶反応といった副作用 がほとんどみられません。

3. 延命効果、再発予防が期待できる

がんの成長を抑制し、全身に散らばったがん細胞を攻撃して効果を発揮します。

免疫療法の治療の流れ

  1. 患者(犬・猫)の血液を約 6-12ml 採取します。
  2. 専用のキットで 2 週間かけて培養します。
     2-1. 遠心をかけてリンパ球・血漿を回収。
     2-2. 抗 CD-3 抗体や IL-2 などでリンパ球を活性化刺激。
  3. 培養したリンパ球を回収・洗浄し、患者に点滴投与します。

免疫療法の治療の流れ

脂肪幹細胞療法

生き物にはさまざまな組織や臓器に変身(「分化」といいます)する細胞があります。その細胞のことを「幹細胞」と呼び、 幹細胞は脂肪の中にも存在することがわかっています。幹細胞を体内から取り出し、増やしてから、再び体内に戻してあ げることで傷ついた組織や臓器の再生を促す治療を幹細胞療法といいます。

免疫療法の特徴

1. さまざまな組織や臓器に分化

さまざまな組織や臓器に分化

2. 抗炎症作用・組織修復作用

病気やケガで炎症や損傷を起こしているところに、炎症を抑える物質や損傷を治すための物質を届けるために働きます。

3. 免疫調節作用

生き物は免疫のバランスを上手にとっています。しかし、その免疫バランスが崩れると自己免疫性疾患といった病気を引き起こしてしまいます。幹細胞は、崩れてしまった免疫バランスを調整し、正常に戻すように働きます。

脂肪幹細胞療法:治療の流れ

  1. 患者もしくはドナー(犬・猫)から約 0.5g の脂肪を採取する。
  2. 専用のキットで 2 週間かけて培養します。
     2-1. 酵素処理を行い脂肪幹細胞を回収。
     2-2. 脂肪幹細胞を前培養。
     2-3. 脂肪幹細胞を本培養
  3. 培養した脂肪幹細胞を回収・洗浄し、患者に投与 (点滴 or 局所)します。

脂肪幹細胞療法:治療の流れ

どんな病気に効果があるの?

  • 椎間板ヘルニア
  • 骨折癒合不全
  • 関節炎
  • 眼疾患
  • 自己免疫性疾患
  • 炎症性疾患

などに効果があると考えられています。まだまだ研究段階の病気も多く、これからの発表にも注目が集まります。

他家脂肪幹細胞

患者自身から脂肪が採取できない場合でも、脂肪を提供してくれるドナーの脂肪から培養した脂肪幹細胞(他家脂肪 幹細胞)を使って治療することができます。
他の犬や猫の細胞を投与しても大丈夫?と心配になるかと思いますが、幹細胞は特別な力を持っていて他の犬や猫の幹細胞であっても大きな問題はなく投与できると言われています。

※詳しくはスタッフまでお尋ねください。

半導体レーザー

紫原動物病院では「優しい治療」と「高度医療」をご提案するために半導体レーザーを導入しております。
当院では飛鳥メディカルのDVL-20を使用しております。

半導体レーザー

がんの治療

無麻酔でQOLを改善 - 半導体レーザー当院では、がん治療についてレーザー補完代替療法を準備しております。高齢ペットに対して負担の少い、quality of life(生活の質)を重視した最新の治療です。

より先進的な治療としてICG(インドシアニングリーン)という色素を用いたレーザー治療も行っております。
主に体表の腫瘍に注入や塗布した後、レーザーを当てることで腫瘍組織を選択的に凝固して蒸散する事ができます。

また内部の腫瘍にはICG修飾リポソーム(ICG-lipo)を用い、静脈注射後にレーザーをあてる治療法も行っております。
リポソームは腫瘍組織に選択的に薬物を蓄積させるため、そこにレーザーを吸収しやすいICGも取り込ませることで、選択的に腫瘍へレーザーが届き、体腔内であっても温熱療法や光線力学療法が可能となる仕組みです。
体外からレーザー照射する事によって、腫瘍の血管増殖や炎症を抑え、延命とQOLの上昇を目指します。

補完代替療法…がん治療の3大療法(手術・化学療法・放射線治療)を補ったり、その代わりに行う医療のことです。

体表のイボを除去

無麻酔でイボ取り - 半導体レーザー半導体レーザーを使えば、イボの除去も簡単!痛みを抑えた治療だからペットも安心です。

歯周病・歯肉炎の治療

痛みを抑え・炎症を緩和・口臭も抑える - 半導体レーザー半導体レーザーは、歯周ポケット内の殺菌作用とともに、歯肉を引き締める効果があります。ペットの口臭が気になるときはぜひご相談ください。歯石取りと一緒にどうぞ!

去勢・避妊におけるシーリング

口内炎や関節炎に - 半導体レーザーレーザーを使うことにより血管や精管など管腔組織を結紮することなく切除することが可能で腹腔内に糸などの異物を残さずペットの負担を軽減できます。また腫瘍の切除などの手術の際にも出血や疼痛を抑えペットの負担を軽減します。

耳内の内視鏡治療

レーザーファイバーを内視鏡を通して耳の奥の治療を行うことが出来ます。

レーザーセラピー

椎間板ヘルニア治療 - 半導体レーザー半導体レーザーの光は、組織の内部深くまで透過していくため、高いセラピー効果が得られます。

椎間板ヘルニアの治療…椎間板ヘルニアによる疼痛を和らげます。
外傷の治療…傷の治療にも効果抜群です。治りにくい外傷については、レーザー併用をお勧めします。

PAGE TOP